プロフィール

りよ

  • Author:りよ
  • 最近は音楽やったり。
    Piano
    Synthesizer(Keyboard)
    Electric Guitar
    Electric Bass
    まだまだ初心者。
    覚え書き
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント

スポンサーサイト

-------- --:--  カテゴリ: スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺or私が選ぶゲーム音楽10選

2009-09-10 00:20  カテゴリ: 未分類  コメント: 0 
ねこみさんもやってたし、やってみよう。
元は大臣さんの日記。

1、小さなてのひら(CLANNAD)


2、Going to lunatea(風のクロノア2)


3、Melodies of life~Final Fanfasy(FF9)

(2:23~)

4、亡き王女の為のセプテット(東方紅魔郷)


5、魔人来臨(Nepheshel)

(6:43~)

6、サントアンヌ号(ポケットモンスター赤・緑)


7、はるかなる路(チョコボスタリオン)

(6:52~)

8、天空神殿(チョコボスタリオン)

(13:32~)

9、プレインエイジア(東方永夜抄)


10、Go on - Magnificent DnB Edition(Ray-Kudryavka X)


-------------------ここまで-------------------

アレンジとかの思い出を抜くと案外難しいもんで。
5までは初めて聴いたときは鳥肌立ったなあ。

小さなてのひらは言うまでもなくCLANNADのTure End曲。XL Projectの茶太さんVerも好き。


Going to lunateaは1面の途中からいきなり流れ出すんだけど
クロノア世界にやってきたという感じに流れ出すタイミングが良くて鳥肌。

(7:50~)
Stepping Windもいいよね。

ニコ動内に歌ってみた動画があってびっくり。クロノア語マスターするとは。

Melodies of lifeは曲が終わった後のFinal Fantasy含めてこの曲だと思う。
Melodies of life聴いて鳥肌立って、更にあそこでFinal Fantasy流れて鳥肌が立つ。

亡き王女の為のセプテットはNormal以上じゃないとお嬢様に会えないせいで
緊張感と演出でアドレナリン出まくり。

魔人来臨はフリーゲームのNepheshelより。
今、作曲のARAさん(趣味工房にんじんわいん)は東方のオーケストラアレンジで一定の人気持ってるけど
自分はこの頃のARAさんが好きだなあ。
動画を検索していて初めて知ったけどNepheshelの主題歌歌ってたの霜月さんだったんやね。

当時はまだVSTが一般的じゃなかった頃でSC-8850とMU2000でこの曲が作られたはず。

サントアンヌ号の曲はまあうちらの世代なら大体の人が知ってると思う。
小学生の頃に最初にピアノで耳コピしたのがこの曲だったのを思い出して選択。

はるかなる路と天空神殿は聴いた時間の長さでは絶対に他の追随を許さないはず。
3~4年ぐらいはチョコスタやり続けてたからなあ。

プレインエイジアは最初に東方をやったのが永夜抄体験版だったから
けーねがラスボスみたいなもんであの通常弾に圧倒された思い出あり。

Go onは東方コンピレーションアルバムCradleに参加したこともあるnagiさん(霧下レンジさん)の曲。
確かこの曲を作られた頃は高校生だったとか。凹む。
スポンサーサイト

次へ

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。